KOJIMARU⑧WALKER

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

はじめにお読みください

<このブログについて>

筆者は児島原住民の壱市民です。
下津井がアニメ映画の舞台になるということで、周辺地域も踏まえた情報をまとめていこうと思います。映画への興味向上と現地へ訪れていただけるきっかけとなればうれしいです。とはいっても資料や現地視察をしつつ同時に自身の記憶を整理している感じですので、適当な部分があるかもしれませんが情報量や精度は少しずつ上げていければと思っています。記事がどこまで充実するかは時間の許される範囲になりますが、あくまで「広く浅く解かりやすい地域入門情報」を目指します。


<ここで一応お決まりとして>
聖地巡礼ではマナーを守りましょう】
*海岸沿いには地元の人たちの月極駐車場も沢山あります。無断駐車はダメ。
*自分のゴミは持ち帰る、不法侵入や器物破損的なことはしない。
*もともと観光ポイントではないところでは騒がないようにする。


<このブログ上の自作地図について>

全文が少し長くなりましたので、冒頭に要約をしておきます。

・地図サイト利用ではなく自作地図を描く理由。
・「OpenStreetMap」をベースに作図。
・適度に精度のあるイラスト地図であって誤表記も許されたし。
編集や二次配布など個人使用以外は禁止。

>>>以下本文<<<

『はじめにこのブログを書くにあたって』考えたことは案内地図を自作することでした。現在では「Google Map」などの地図サイトが多くあり、それを記事に貼り込むことで手軽に位置情報を提供できるのですが、視点の自由さと同時に目的以外の情報が多いのです。今回は記事それぞれに必要な情報のみを載せた案内図を書いてみようと考えて見ました。

『どのような地図を描くか』にあたっては、読者にある程度の地形や位置関係のイメージを掴んでいただける表現をという考えから、それには既存の地図をトレースできると良いのですが、一般的に「地図」というものには著作権利用規約があり、個人的な利用範囲以外での使用はそれぞれいろいろと制限されています。

『上記のことを踏まえて』検討をした結果、オープンソースの「OpenStreetMap」(以下略:OSM)をトレース元の地図として利用させていただくことにしました。この地図サイトは世界中の方々が地域の地理データを収集しながら地図を作成・更新を行っているサイトで、地域で情報量や精度差があるものの、「Yahoo」「Apple」などもベースとして採用している地図サイトです。

また「OSM」利用にはライセンス表記が必要ということで、自作地図の下側に
「Map data (c) OpenStreetMap contributors, CC-BY-SA(www.openstreetmap.org)」
と表記してあります。

関連リンク:
OpenStreetMap https://www.openstreetmap.org
OpenStreetMap Japan https://openstreetmap.jp/


『作画ツール』にはフリー画像編集ソフトの「GIMP」を使用しています。「OSM」地図を下地にトレースしていますが、読み取っているものは主に「海面」「陸地」「森林」と「鉄道」「道路」です。前者3つは色域指定で抽出、後者2つはパスツールでトレース、加えて記憶も不明な部分は自身で周辺を通って確認をしたりしています。そんな具合でそれなりな精度なのですが、あくまでこのブログの案内図としておかしくない程度を目標にしたイラスト地図だとお考えください。あくまで個人作成なので大なり小なり表記ミスも考えられます。ご了承ください。

『最後に』、ブログ上のそれぞれの地図は各記事にあわせた案内図となっています。地図作りや編集自体は常に進行しています。記事に即した個人使用以外での編集や二次配布などは禁止とさせていただきます。

以上です。なにかありましたらコメント欄にご記入ください。