KOJIMARU⑧WALKER

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

下津井訪問 その3(高速道路編)

下津井へ瀬戸中央自動車道で訪れる場合のお話です。

 最寄りのインターは「児島IC」瀬戸中央自動車道の本州最南端のインターです。

 

<児島ICの風景(児島側より)>f:id:kojimaruaid:20160925015035p:plain


地図に情報を入れてみました。

*今回の記事に必要な情報のみ記入

f:id:kojimaruaid:20160924235449p:plain


本州からの場合「児島IC」手前で下りて、国道2号から県道21号、もしくは国道30号→430号へ南下する方法もありますが、今回は省略しておきます。

「児島IC」料金ゲートを出たら右折します。 (左折すると児島市街地へ)
正面の山に「鷲羽山ハイランド」が見え、トンネルを抜けるとそこが「下津井」、トンネル後、信号を左折して道なりにいくと田之浦の町並みが見えてきます。右折すると鷲羽山ハイランドへ出ますが、その先で県道21号へ合流できるのでそちらからでも可。

<田之浦の風景>f:id:kojimaruaid:20160925013320p:plain

コンビニは下津井にはありません。(記憶が正しければ)
児島市街地側には数件ありますが、飲み物やトイレの休憩や給油など、手前の鴻ノ池SAや与島PAで用事を済ませておくのが吉です。

下津井周辺についてはこちらもどうぞ

kojimaruaid.hatenablog.com

 

JRと同様、平均風速25m/sを超える強風が吹く可能性がある場合、瀬戸大橋上は「通行止め」になるので、事前に天候の確認をお勧めします。バイクの場合は二輪車通行止め」という限定通行止めもあるようです。

 

<おまけ>
本州側から瀬戸内海や瀬戸大橋も観光しておきたい場合は、真ん中あたりにある「与島PA」でUターンをしてくることもできます。岡山・香川双方から上下集約型のPAで、直前で料金ゲート(検札のみ)や第二駐車場、島民用の出口へ分かれていたりするので注意を。