KOJIMARU⑧WALKER

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

下津井訪問 その4(路線バス編)

下津井 聖地巡礼/舞台探訪(ひるね姫)

下津井へ「JR児島駅」からの路線バスのお話です。

児島市民の足である「下電バス」が「JR児島駅」周辺から「下津井地区」へ、
「とこはい号(下津井循環バス)」を運行しています。

 

また下電バスは主な国内都市へ「高速バス」も運行しているので、児島・下津井へのアクセス選択肢の一つです。

>詳しくはこちら:岡山・倉敷発着の高速バスは、下電高速バス 予約ガイド

 

児島地区の拡大地図です。

*目安となる主な観光スポットをいくつかだけ記入してあります

f:id:kojimaruaid:20160924235740p:plain

JR児島駅から「左回り」に出ている赤いラインが「とこはい号」の路線コース。

朝~夕方まで1周1時間ペースで周回。(最終便には注意)

運賃は大人1人160円~260円、もしくは1日乗車券(510円)
1日乗車券はバス運転手もしくは営業所から購入でき、「野崎家旧宅」「児島観光船」の利用が1~2割引き特典もあるようです。(2016年09月時点)

>詳しくはこちら:路線案内:下津井循環線 とこはい号 | 下電バス

とこはい号は鷲羽山展望台へは寄りますが、一時停車のみです。展望台へ上がる場合は次の便(1時間後)まで時間をつぶしましょう。

 <「とこはい号」下津井循環路線バス:3月より「ひるね姫ラッピング車両」になっています>

f:id:kojimaruaid:20161003214708j:plain

 

瀬戸大橋線」と「鷲羽山夕景鑑賞バス」という路線も存在します。

前者は下電バスで「JR児島駅」から「与島PA」へ、そこから四国の「琴電バス」に乗り換えて「JR坂出駅」へといける路線で、与島でUターンもあり。

>詳しくはこちら:路線案内:瀬戸大橋線 | 下電バス

与島にはJR駅はないので、与島PAから瀬戸内の景観を楽しみたい場合は選択肢としてあるかもしれません。

後者はJR児島駅発着で日没時間に夕景ポイント2箇所へアクセスしてもらえるというもの。運行は「金、土、祝日の前日」のようです。
*季節により時間帯が異なります

>詳しくはこちら:鷲羽山夕景鑑賞/「日本の夕陽百選」の夕景を楽しむ! | 児島・下津井をバスで巡る! | 下電バス