KOJIMARU⑧WALKER

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

下津井訪問 その5(自動車&バイク編)

下津井 聖地巡礼/舞台探訪(ひるね姫)

 下津井へ自動車&バイクで訪れる場合のお話です。

最寄りのインターは瀬戸中央自動車道「児島IC」です。

 

 料金所を出て「右に曲がると下津井地区」「左に曲がると児島市街地」へ

<児島ICの入口風景>*児島側から撮影。正面山上には鷲羽山ハイランド、左奥方向へ進めば下津井

f:id:kojimaruaid:20160925015035p:plain

<児島地区の概略地図:主な観光スポットと国道・県道を表記>

f:id:kojimaruaid:20160924235950p:plain

車やバイクで下津井へ来た場合、ひとまずお勧めできるのが「田土浦公園」です。下津井瀬戸大橋の橋桁の足元にある公園で、無料駐車場とWC設備があります。釣り人多し。

児島IC~田土浦公園の道順をざっくり案内すると、インター出口を右折して下津井方面へのトンネルを抜けた先の信号を左折、それが県道393号で道なりに進み、瀬戸大橋架橋の下を通過すると右へUターンしながら下津井地区へ降りる道(県道21号)へ、そのまますぐ左側に田土浦公園があります。(近くの山側には「田土浦坐神社」が見え、特報動画で主人公・森川ココネの通学路となっていた神社の階段があります)そのまま海岸線を進めば「むかし下津井回船問屋」「祇園神社」です。


鷲羽山側から、県道21号と393号の合流ポイント>f:id:kojimaruaid:20160925113804p:plain

*左折後、すぐ左手が「田土浦公園
*岡山~児島~鷲羽山と下津井海岸線を通るのが県道21号

*水島~鷲羽山を結ぶのが県道393号(地図上青いライン)
*「鷲羽山展望台」へは写真の後ろ後方へ
*この写真場所、予告編でココネがバス通学している映像のところで近いアングルで映ってます
 バスは当然「下津井循環バス:とこはい号(下電バス)」でしょう!


地区内の街路は、昔ながらのままで普通車一台分がギリギリの細さ、入ってしまったなら対向車と歩行者に注意。基本は自動車でフラフラ入らないのが吉。海岸線は対向二車線で整備され、山側にも県道393号の南側に東西につながる二車線道路があるので、そこを周回すれば大体OKだと思います。

<下津井の街路>
f:id:kojimaruaid:20160925201242p:plain

<海岸線の道路>
f:id:kojimaruaid:20160925201311p:plain


ここで一応お決まりとして、
聖地巡礼ではマナーを守りましょう】
*海岸沿いには地元の人たちの月極駐車場も沢山あります。無断駐車はダメ。
*自分のゴミは持ち帰る、不法侵入や器物破損的なことはしない。
*もともと観光ポイントではないところでは騒がないようにする。